運動会で長男と喧嘩!

長男が5歳だった頃の話です。
初めて幼稚園の運動会に参加したので、親も子も張り切っていました。
しかも、長男は初孫でしたから、私の両親も招きました。
長男は大のおじいちゃんっ子。
大喜びでハイテンションになり、競技の最中なのに、おじいちゃんのそばに行きたがりました。
「子どもはこっちに来ちゃダメだよ」と言い聞かせても、まったく言うことを聞きません。
焦るし、恥ずかしいし、私のイライラは最高潮。
ついに、長男と大喧嘩をしてしまいました。
長男は大声で泣き叫び、「もうイヤだ!」と一人で砂場に向かってしまいました。
おかげで、競技には不参加、お弁当も食べませんでした。
心配した担任の先生が取りなしてくれましたが、運動会が終わるまで砂場にいました。
もっと冷静になって対処できたなら。
お弁当を おじいちゃんと 一緒に食べられると言っておけば。
赤っ恥をかいた子育て失敗談です。

スーツが入らない!

次男が幼稚園に入園した年のことです。
帽子もバッグも長男のお下がりでしたから、とても助かりました。
入園式に着るスーツも長男のお下がりでいいだろうと、安心していました。
次男は、4歳だった長男と同じ身長だったからです。
入園式の当日、そのまま着せればいいだけと油断していました。
ところが、次男にスーツを着せようとして呆然としました。
ズボンのチャックを上げることができなかったからです。
そう言えば、長男よりも次男は体型がふっくらしています。
普段のズボンもお下がりですが、ウエストにゴムが入っていなかったので気づかなかったのです。
仕方ないので、安全ピンでズボンを留めました。
「絶対にジャケットを脱がないでね」と注意して。
あらかじめチェックしておけばよかったです。

お弁当のプレッシャー!

次男が幼稚園に通っていた頃、キャラ弁が流行しました。
幼児って、ほかの子のお弁当を羨ましがるのですね。
幼稚園から帰ると、次男が私におねだりをしました。
「お母さん、キャラ弁を作って」と。
けれど、私は料理が大の苦手。
毎日のお弁当ですら四苦八苦しています。
無い知恵を絞って考えた結果、カレーチャーハンでキャラクターを作ることにしました。
体が黄色いキャラクターだったからです。
ところが、なかなかキャラクターの形に整えることができません。チャーハンの油分のせいで、すぐに崩れてしまうのです。
時間がないので、そのまま持たせましたが、帰宅した次男はしょんぼりしていました。
そして、二度とキャラ弁をねだることはありませんでした。
せめて、玉子焼きでキャラクターを作ればよかったかしら。
思い出すたびに、申し訳ない気持ちになる子育て失敗談です。