赤ちゃんの熱が下がらない

初めての赤ちゃん、初めての育児で毎日が悪戦苦闘でした。
こちらの都合はお構いなし、朝でも夜中でも関係ない育児に疲れていたものの、赤ちゃんという存在は可愛らしく、癒しでもあったのです。特に3か月を過ぎたあたりからは、笑うことも増え、より一層愛おしく感じていました。
そんな中、初めての発熱をしました。
抱っこするとその熱っぽさがダイレクトに伝わってきて、赤ちゃんの苦しさが自分の苦しさのように感じたのです。
子育ての大先輩である自分の母親にどうすればいいのか尋ねると、赤ちゃんの熱は高いのは当たり前だと言われました。

初めての育児なので、高熱が出るものだと言われても39度が出ている状態を放ってはおけません。すぐに近くの小児科に連れていきました。
そこでも母親と同じように心配ないと言われたのです。様子を見るように指示されていたのですが、熱は一向に下がりません。その熱は5日目を経過していました。再度、小児科を訪れると即入院だと言われたのです。

赤ちゃんはすぐに解熱。しかし私が高熱

5日以上続く熱は、何か原因があるのではないか調べる必要があると言われ即入院を言われ、戸惑いました。
もっと早く連れていけば良かったと後悔しましたし、何より初めての入院で戸惑いも多かったのです。付き添い入院を言い渡された私は、夫に必要なものを用意してもらい、退院するまでの期間一緒に入院することになりました。
入院1日目、赤ちゃんは解熱されたものの、原因を探る時間が必要だということで最低限5日間は入院しなければいけませんでした。

看病で疲れていた私は、赤ちゃんの解熱でホッとしたこともあったのでしょう。入院したその日の夜中、急性胃腸炎を発症。吐いて下してと夜通しトイレを往復するようになってしまったのです。
入院している病院が総合病院ということもあり、夜中に診察してもらうことができたものの、赤ちゃんの横で点滴をしながら入院生活を見守ることになってしまいました。
しかも、見舞いに来た夫や祖父母たちが続々感染してしまい、一家全滅という状態を経験。私自身も40度を超える発熱をし、ペットボトルの蓋が開けられずに看護師さんにお願いする始末でした。

目を離した隙に落ちてしまった赤ちゃん

入院している病棟では、赤ちゃんの落下防止を防ぐ為にベッドには柵がついていました。
離れる際には必ず柵をするようにとの指示があったものの、体調不良で朦朧としていた私は柵をせずに荷物の整理整頓をしていたのです。
まだ寝返りが完璧ではない月齢だったこともあり、油断していました。
その瞬間、ゴンという音と共にベッドの下にあるゴミ箱へと落下した赤ちゃん。すぐに助け、様子を見て、看護師さんにそのような現状があったことを伝えました。

特に異常はないと言われたものの、自分が目を離したことによる落下ですので、申し訳ないことをしたと今でも後悔しています。
今ではこの失敗談は笑い話になっていますが、小さな赤ちゃんはいつどんな時に何が起こるかわからないということを再認識させられた出来事でした。